元中年フリーターの正社員戦略

お金、仕事、結婚、老後などについて人生の計画を立てている男性のイラスト 正社員生活

まいどハチです。

今年でこの会社に入って3年目。正社員採用されてからはこの4月から2年目突入。会社は2年連続で減収減益ではあるものの、無事昇給することができた。

大企業の子会社であるが、俺みたいな経歴グダグダの人間が入れる会社なので、当然引き続きも適当で、仕事もやりっぱなしで業務手順が整理されていない典型的な中小企業。

そこで俺が立てた戦略は仕事を頑張らないということ。

正社員3年目まではお客さんだろ?

こういう中小企業に入った場合、自分みたいな適当で能力が低い人間が頑張っても消耗するだけ。

俺は当初は契約社員だったし、自分から頑張ることはせずにただただ生き残ることだけを目標とした。

そして、昨年無事に正社員採用が決まった際は、入社3年目まではお客さんだろ?という思考で引き続き3年目までは頑張らないことに決めた。

だから、俺は頑張っていない。

頑張っていないので当然ミスやトラブルも起こすが、頑張って消耗して止めるよりマシだ。

俺みたいな無能は社会になんとか食らいついて、生き残ることが大事だ。

正社員2年目は資格を取る

頑張らないつもりではあるものの、今年43歳。採用3年目が終る頃は45歳。

当然、一定の能力は求められるだろう。

実はうちの会社は典型的な年功序列企業で、俺は今の会社に一番遅く正社員になったものの、年齢的には管理職候補になっている。

といっても大企業の小さい子会社なので、課長が限界だ。

ただ間違って課長になってもごまかしが利くように、今年は一応資格を取るように頑張るつもりだ。

別に俺は課長になんてなりたくはないけど、貰えるお金が増えるに越したことはない。

定年退職まで残り17年

今後の60歳までの正社員生活を俺はこのように分割している。

45歳まで:正社員3年までのお客さん期間。仕事に慣れることが目標。

50歳まで:全身全霊をかけてぬるい業務の担当になる。

60歳まで:ぬるい業務で適当に生きる。

60歳以降のことなんて考えたくない。

45歳以降でぬるい業務に就くべく、適当に能力を身につけるつもりだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました